村田製作所

ホーム > 会社情報 > 沿革

沿革

1934年創業。水晶振動子の製造を開始
1940年無線技術が評価され、海軍技術研究所の指定工場として無線通信機を製造。
1953年水晶振動子の量産に伴い、水晶インピーダンス計測器 (CIメータ) 開発。
1964年カラーTVの需要を見越し、カラーTV用水晶振動子を開発、量産を開始。
1968年宇宙通信関連装置の設計制作を開始。
1977年トランシーバ用の水晶振動子の需要の拡大に伴い、人工水晶の自家製造を開始。通産省より重要技術補助金を受け、水晶温度センサ実用化試験を研究。
1981年水晶温度センサ・水晶圧力センサを開発し、応用機器の製造を開始。
1987年電話機、FAXのパーソナル化を背景にコードレス電話器用・携帯電話器用TCXO、FAX用 水晶発振器を量産。
1995年盛岡東京電波 (株) 久慈工場を新設し、PHS用TCXOの量産を開始。
1996年新素材ランガサイトを開発し、ランガサイトフィルタを製品化。製品の小型化・高帯域化を実現。
2000年群馬工場に人工水晶育成炉を増設。ISO9001認証取得
2003年液晶プロジェクタ用水晶基板を発表
2009年(株) 村田製作所と包括的な資本・業務提携を発表
2013年(株) 村田製作所による完全子会社化
2016年東京電波 (株) ・ 盛岡東京電波 (株) を法人統合し名称を東京電波に統一。
本社機能を盛岡へ移管。

お問い合わせ

広告・映像・冊子

採用情報

ホーム > 会社情報 > 沿革
A Murata Company